使用開始・中止・届出
  水道料金
  分担金一覧表
  メーターの管理と漏水
より安全に使うために
水道工事ご協力のお願い
指定給水装置工事事業者検索
(随時更新しています)
専用水道関係様式
簡易専用水道関係様式
  指定給水装置工事事業者の申請
  給水装置工事の申請
  給水装置工事施行基準
  給水装置工事の指定材料
  業務諸費工事使用材料
 (平成28年度以降)
  水道施設の耐震化について
  水道事業決算
  水道事業の経理
  業務量の推移
  水道事業の歴史
  水質について
入札のお知らせ
経営比較分析表
経営戦略
県域水道一体化
 

当サイトをご覧頂くには、一部Adobe Readerが必要な部分がございます。上記サイトより無償でダウンロードできます。
水道施設の耐震性能、耐震性の向上に関する取組について
 平成23年10月3日に「水道法施行規則の一部を改正する省令」が公布され、水道事業者が水道の需要者に対して、水道施設の耐震性能及び耐震性の向上に関する取組等の状況を毎年一回以上、情報提供することが義務づけられたことから、香芝市水道事業における取組状況についてお知らせします。
 
安全で安心な水を安定して供給するために、施設の整備を進めていきます。

●配水施設の耐震化状況

 香芝市水道事業では、平成21年度より市内の配水場の耐震化を行っています。

令和元年度末における配水池容量及び耐震化率

総配水池容量(㎥) 耐震化済容量(㎥) 耐震化率(%)
28,700  28,700  100 
  ※配水池容量 今泉(22,500㎥)、畑(5,000㎥)、高区(1,200㎥)

●水道管の耐震化状況

 香芝市水道事業では、老朽化した配水管の取替や新たに配水管を埋設する場合、基幹管路については平成16年度から耐震管にて配水管の埋設を進めています。また、耐震化の優先順位は、埋設年度の古い配水管から順に耐震化することを基本とし、耐震性の低い基幹管路、基幹管路から基幹病院や指定避難所等へ配水する重要度の高い配水管を優先に耐震化していくこととしています。

令和元年度末における配水管延長及び耐震管率

  総配水管延長(m) 耐震化延長(m) 耐震化率(%)
全配水管路 380,641  22,254  5.85 
基幹管路 18,495  2,203  11.91 
※基幹管路とは、水道事業にとって重要な管路で配水管(香芝市では300mm以上)のこと。
※耐震管とは、管と管を繋ぐ継手部分に伸縮性や離脱を防止する機能を有しており、地震や地盤沈下などによる地盤変化に対処できる非常に耐震性の高い構造の管のこと。

令和元年度末における配水管延長及び耐震適合率

  総配水管延長(m) 耐震適合管延長(m) 耐震適合率(%)
全配水管路 380,641  83,054  21.82 
※耐震適合管とは、耐震管及び地盤条件により耐震管と同様に扱うことができる管のこと。
 
※ 平成30年度末のデータはこちら